ccs7.4.0 & TI-RTOS1.60 のインストール

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

LinuxでMSP432の開発環境が整った。

ccs7.4.0.00015_web_linux-x64とsimplelink_msp432p4_sdk_1_60_00_12の二つをubuntu16.04LTSにどうにかしてインストール出来た。
OS,コンパイラ,リアルタイムOSが無償で供給されている。数百万円した時代もあったのに…….時代の流れを感じています。
これで MSP432P401Rの開発環境が揃いました。試しに gpiointerruptというスイッチ入力によりLEDが点滅するプログラムが動いた。
使用したパソコン (ソフマップの中古品)
papa lets Note CF-LX4
intel core i5 CPU 2.3GHzx4
intel HD Graphics 5500
memory 8GB
64bit OS
HDD 250GB
15inch Display
備忘録
  • ダウンロードが動かない場合,実行権限を与える
    • sudo chmod +x xxxxx.bin
  • ディレクトリ作成
    • mkdirコマンド
  • 消去 rmコマンド
    • sudo rm -rf xxxx
  • ディレクトリ移動
    • cd コマンド
  • ディレクトリ確認
    • lsコマンド

LINUX ubuntu16.04 インストール2

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

”何か変??”と調べると

Lets note CF-LX4の後ずけメモリーを付属の検査プログラム(電源投入時F2キーを押す)で検査すると良い時と悪い時があることが判明した。=>中古で購入したので仕方ない

これを取り外し 8GB->4GBのメモリーでインストールからやり直すした。すると

画面上部に ファイル、編集、表示などプログラムを動かした時に表示されるものが表示され、表示の大きさも変わった。

理由はわからないがこれと思う。=>元に戻して再確認は時間の都合でやめた。

 

 

 

再インストールもCDROM / HDDが不良と表示され出来ななかったが メモリーを取り外すことで一応できた。その後

コマンド入力画面を使って

# sudo apt-get update                        リスト更新

# sudo apt-get upgrade                      最新に

# sudo apt-get distracted-upgrade     追加も含め最新に

を行い 最新にした。

LINUX ubuntu16.04 インストール

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

Linuxを開発に使用するためにインストール

選んだディストリビュートは Ubuntuです。

  • TIのCCSとMATLABの二つが動作する
  •  ダウンロード
    • ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso
  • インストールDISKの作成
    • MACの光学式ドライブに空のDVDディスクをセット。
    • iSO動画を左クリックして、Finderの「ファイル」>「“<ディスク名>”のディスクを作成」と選択し、指示に従って操作ししてればOK。
  • Panasonic Lets note LX4(CF-LX4EDHTS) の中古品を用意した。
  • 立上げ時 F2を押して DVDでOSを動かしインストールする。
  • F2を押してHDDを起動ディスクにする。

 

windowsやMacとは異なるがめん

 

 

 

 

 

 

ダウンロード & 追加

  • ダウンロード CCS_7.x.x.xxxxx_linux-x64.tar.gz
  • 解凍 tar -zxvf xxxx.tar.gz
  • 追加 sudo apt-get update
  • 追加   sudo apt-get install libgconf-2-4
  • 追加   sudo apt-get install libc6:i386 libusb-0.1-4 build-essential

インストール CCS

  • sudo chmod 777 ./xxxx.bin
  • sudo ./xxxx.bin

インストールTI-RTOS

  • TI-RTOSをダウンロードしてインストールする。

 

 

CCS7の動作画面