わーい動いたぞ!! Rasberrypi3でPython3の初プログラムが

投稿日: カテゴリー: RasberryPi

LED表示をする基板を作るのが面倒なので P20160904 Rasberrypi用LEDチェッカー基盤を使用することにした。この基板はコネクタの状態が全て表示されているので便利です。

写真は P20160904とRasberryPi3です。

**************************************************************************

参考にしている本にLEDをON/OFFするプログラムがあったので試しに動かして見た。

結果は0.5秒間隔で10回繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

——————-  試したプログラムです ——————–

# LEDを10回点滅する。
# 文字コード UTF-8

#GPIOとtimeを制御するモジュールを読み込む
import RPi.GPIO as GPIO
import time
#LEDの24番を指定
LED = 24
#BCMモードは LEDxxと番号で指定できる。
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
#LED24を初期状態がLOWの出力に設定する
GPIO.setup(LED, GPIO.OUT , initial=GPIO.LOW)
#10回繰り返す。
for i in range(10):
#点灯
GPIO.output(LED, 1)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)
#消灯
GPIO.output(LED, 0)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)

#GPIOを開放(使用をやめる)する。
GPIO.cleanup()

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

RasberryPiの準備ができました。

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

RasberryPiにMACからのファイル読み書きができる netstat とMACでRasberryPiの画面を見るLightVncServerをインストールして使う準備ができました。

使用方法は、MACでRasberryPiのファイルの編集をして、MACの画面に表示されたRasberryPiで結果を見られる。

RasberryPiには モニター、キーボードやマウスなどが必要なくなる点がいいなぁと思ってます。

RaasberryPiを始めました。

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

RasberryPiのチェッカーを作った経緯もあり、触ってみようと思います。

ソフトは習ったことがないのであまり参考にならないと思いますが「動けばいいんじゃない」と言うノリで見ていただければ幸いです。

今日は OSのインストールですが 4Gbyteのダウンロードに時間が掛かり途中で就寝することにしました。

朝見ると完了の表示があったので、再起動すると写真の画面となり、インストールできた!

RasberryPi用GPIO LED表示基板

投稿日: カテゴリー: おやじ

色々な雑誌にRasberryPiの製作記事がたくさんあり興味深く読んでいました。試しにGPIOを使ってみようとした時 ポート番号指定を間違えて ハード・ソフトと苦労しました。後にGPIOの状態が一目で確認できればもっと簡単と思いRasberryPIの40pinコネクタを全てLED表示できる基板を作りました。

入力保護 ±20v FET素子の入力保護のみ rohm UM6K31N使用

使用電圧 3.3v〜5v

RasberryPiと同じコネクタを2つ取り付け可能としているので、リボンケーブル付きコネクタで1対1接続が可能です。