出力試験 P20180301基板

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

出力のFETのテストにLEDの点灯を行いました。

VF=3.1V 2個 IF=0.33A の0.5秒点滅点灯をオシロスコープで電流をモニタ中です。

流石にLowPowerでした 基板の待機電流の実測が0.37uAで電源切断後30秒程の待機が可能な事がわかった。(カタログではもっ

と流れるのですが……)

MSP430FR2311IPW20を入手

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

設計した基板の部品がアメリカより到着した。

3.3vレギュレータ(3x2mm)とCPU の小さな部品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他 FETやCR部品

殆どが 0402 (1.0×0.5mm)の部品だから組み立てる時まで開封しない事に。

クシャミで無くなったでは……..

 

 

 

 

残りは基板。

基板に取り付けサンプルプログラムが働けばソフトに比重を移そう。

 

MSP-EXP430FR2311開発キットが動いた!!

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

自分の書いたプログラムが開発キットで「LEDが反転と点滅する」ソフトが動いた。

簡単にCPUを試したいとき 確実にハードとソフトが動作する保障のある「LaunchPad開発キット」を使うようにしているが、今回MSP430FR2311というIoTで活躍できるCPUの採用を考え動作確認をして見た。

新たに TI社から提供しているDeviceLabという設定用ドライバーを使ってみると

  • 今まで、ハードとソフト資料を読んで そのレジスターに対するコマンドを作っていた。
  • 今回、ドライバーを使う事で短縮でき移植性が向上できた。

という利点があった。

 

試したソフトは、

  • スイッチを押す毎に赤色LEDの点滅を反転させる。
  • タイマーで緑LEDを点滅させる。
  • 動作状態の映像です。IMG_1407

 

ccs7.4.0 & TI-RTOS1.60 のインストール

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

LinuxでMSP432の開発環境が整った。

ccs7.4.0.00015_web_linux-x64とsimplelink_msp432p4_sdk_1_60_00_12の二つをubuntu16.04LTSにどうにかしてインストール出来た。
OS,コンパイラ,リアルタイムOSが無償で供給されている。数百万円した時代もあったのに…….時代の流れを感じています。
これで MSP432P401Rの開発環境が揃いました。試しに gpiointerruptというスイッチ入力によりLEDが点滅するプログラムが動いた。
使用したパソコン (ソフマップの中古品)
papa lets Note CF-LX4
intel core i5 CPU 2.3GHzx4
intel HD Graphics 5500
memory 8GB
64bit OS
HDD 250GB
15inch Display
備忘録
  • ダウンロードが動かない場合,実行権限を与える
    • sudo chmod +x xxxxx.bin
  • ディレクトリ作成
    • mkdirコマンド
  • 消去 rmコマンド
    • sudo rm -rf xxxx
  • ディレクトリ移動
    • cd コマンド
  • ディレクトリ確認
    • lsコマンド

MSP430でADS8885のアクセス実験

投稿日: カテゴリー: おやじブログ

ADCのADS8885をどのくらいの速度でアクセスできるか試したみた。

  • ADS8885から読み出し
  • SIOのシリアル〜パラレル変換をに出力する

だけのプログラムですが 周期13.18kHzで読み出しできた。

MSP430F2013PW 16bitCPU基板

投稿日: カテゴリー: おやじ

ちょっとした機能+安価+低消費電力+速く立ち上がる等々で探して見つけたCPU。TSSOP16のサイズなのでそれなりに小さくできるのも良いかも。発振子も内部に持っているので 電源起動時のリセット回路を外付けするくらい。

 

 

 

 CPUへのプログラミングは2本の線でできるので 電源+GND+2本の合計4本を一つにまとめて 製作後に行なっている。4本のピンの治具をCoBoxさんで加工して作りました。

写真:Elprotronic  FlashPro430 と治具