RasberryPiおやじブログ

SPIとI2CとSIOの差

個人的ですが 今回 改めて考えてみたら、こんな分類になってしまいました。

RS232C,RS485,RS422などの SIO

友達同士で通信をキャッチボールのように送受信を行う(半二重)ものと各々勝手に喋っている通信(全二重)の方法。使用信号 TXD,RXDと表示されていることが多い

SPI

送信と受信を同時に同数のbit’s dataでおこなう方法。使用信号:SI,SO,SCLK (と選択CE0,CE1…CEn)を使うことが多い

I2C

強い親と弱い子の会話みたいな通信方法。信号内容で「誰かにこれを命令する」、「誰かに問い合わせする」ように通信する。使用信号は、SDA,SCLです。

別方向から

ハードに利用できるのは、SPI 、SIO 、I2Cの順と考えますがSPIが一番簡単です。