RasberryPiおやじブログ

raspberry3でUSBカメラに使うopencvのインストール

USBカメラを使ってPython3で写真を撮る

2018/12/14 表示できるようになりました。

できなかった原因:opencvをコンパイルして作成したとき、必要なライブラリーを忘れていた。そこであらかじめできている python3とopencvを新しい参考先を見つけてインストールしました。

参考先をコメントとして書いたプログラムshow_camera

 

 

————————- 以下 2018/12/14 以前 —————————–

opencvをインストールする。

RaspberryPi3B+でカメラを使うには Python3+opencvを使う記事を参考にしています。

参考文献

そこに出ている説明で入力するものを TXTに書きましたので ご利用ください。

opencv-instal

コピペしたいので、MacとRaspberryP13B+をVNCを使って接続してMacで操作しています。cmakeがなかったので、raspberrypi設定のアプリケーションでcmakeを検索して選択の後 OKして得ました。

安易な方法:opencv-installの1行を選択してコピーして VNCのコマンド行に貼り付ける方法で行いました。

インストール完了

python3を作動させて確認できました。