実験

ここで言う実験とは、製作した基板や購入した基板やモジュールやソフトなどを動作させたり、機能を試したりする事です。

2018年

2017年

画像差分検出Program

WiFi接続実験

IoTやWiFiなど無線局を使った話が多くあるが、無線局は許認可が必要であり自由に出来ないし取得に費用も必要となるので、許認可済みのmoduleを購入することにします。

rohm製BP3599と言う最新のものにしました。

メーカー説明 特徴部分

  • ・IEEE802.11b/g/n
    ・IEEE802.11i(セキュリティ規格)
    ・WPS1.0(Wi-Fi protected Setup)対応
    ・TCP/IPプロトコルスタック搭載可能
    ・チップアンテナ内蔵
    ・4Mbit シリアルフラッシュメモリ内蔵

GPS相対距離測定実験

18bit ADC測定実験

TI-RTOS作動実験

MSP432P401Rで使用する基板に TI製 LanchPad MSP432P401Rを選びました。

一番の理由は、ハードの問題が無いことです。

これでソフトを作って移植する2段構えの方法を取るつもりです。

メーカーの説明

MSP432P401R ローンチパッド を使用すると、低消費電力動作を特長とする高性能アプリケーションを開発できます。この製品は MSP432P401R を採用しており、このマイコンには、48MHz の ARM Cortex M4F、95μA/MHz のアクティブ消費電力、850nA の RTC 動作、14 ビット、1MSPS の差動逐次比較型 ADC、AES256 アクセラレータという特長があります。

RasberryPiの実験

RasberryPiの初心者用のリクエストがありましたが、私も初心者なので 諸先輩のように行きませんか 何か参考になればと思いやってみます。