RaspberryPi I/Oキェッカー基板

投稿日: カテゴリー: RasberryPiおやじブログ

次の機能で、困ったとき役立つものです。

  • 全てのコネクタのピンをモニターできる。
  • HIGHレベルのとき 点灯する。 LOWレベルのとき 消灯する。
  • コネクタと同じ順番になっている。

「なんで役立つの?」 むすこの質問に「解らんだろう」と思った。

  • 目視で確認でき、測定器が要らないので便利だ。

これが答えです。

RaspberryPi 初めてのプログラム

投稿日: カテゴリー: RasberryPiおやじブログ

ToDo:  GPIOを使って1秒間隔で信号を出力する。

  • まず、プログラムを作って動かさないと解らないと考えた。
  • RaspberryPiの言語といえば Pythonらしい。
  • プログラムは3つの部分からできています。
  •  1)プログラム初期の準備や設定
  •  2)プログラム本体
  •  3)プログラム終了処理
プログラム GPIO.py
動作j画像 LEDが点滅している。

ファイル共有

投稿日: カテゴリー: RasberryPiおやじブログ

toDo : netatalkのインストール

MACで編集してRasberryPiに転送する方法を使ってMACから直接RasberryPiのファイルを読み書きできるようにする。

  • RasberryPiに”netatalk”をインストールする。
  • ”afp://{IPアドレス}”を入力

MACで編集してRasberryPiに転送する方法です。

RasberryPiに”netatalk”をインストールする

netatalk をインストール
  • MacのFinderを開いて、接続を選ぶと、ポップアップされるので”afp://{IPアドレス}”を入力。すると、Macから直接ファイルシステムにアクセスできます。
接続でアドレス等を設定するとfinderから見えだしました。

raspberry pi 画面共有

投稿日: カテゴリー: RasberryPiおやじブログ

行うこと VNC設定 と VNC Viewerのインストール

raspberryPi設定画面でONにするだけとなり、以前に比べて簡単になっていました。

左上のパイからRaspberrypiの設定を選び、VNCを有効にする
右上のV2をクリックすると確認できる

VNC Viewer のインストール

  • 検索例 Download VNC Viewer | VNC® Connect – RealVNC
  • VNCViewer をインストール
  • 確認したIPアドレス 上の例 192.168.1.109 へアクセスする
RaspberryPiの画面がMACに表示され遠隔操作できるようになりました。

raspberry pi インストール

投稿日: カテゴリー: RasberryPiおやじブログ

行うこと

  • diskイメージをダウンロードして得る
  • SDカードのformat
  • disk image を SDカードに書き込む
  • ファイル共有にnetatalkをインストール
  • 画面共有にVNCをインストール

準備するもの

  • micro SDカード(8GB以上推奨)
  • SDカードリーダ・ライタ
  • HDMI ディスプレイと接続ケーブル
  • キーボード
  • USBマウス
  • LANケーブル  有線LAN接続/推奨
  • 電源
  • Raspberry Pi

————————————————————————————

SDカードをFAT32にフォーマット

  • 在処  https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/
  • SDメモリを SDCardFormatter 使って初期化する。

Raspberry Piを得る。

  • 在処 https://www.raspberrypi.org/downloads/
  • Raspbian をダウンロードする。
  • 私の場合 2018-11-13-raspbian-stretch.img でした。

SDカードに書き込み

  • 書き込みソフト balenaEtcher をインストール
  • 在処   https://www.balena.io/etcher/
  • プログラクを作動させて
  •  diskイメージ、書き込みSDメモリを選択して書き込み

————————————————————————————

SDメモリをセットして電源投入

ここまでで Raspberry Piが動作し始めます。

  • RasberryPiにSDやその他を取り付けて 電源を入れる。
  • 動き出したら 初期設定画面が表示するので インストールする。日本語を選ぶ
  • インストール後(4Gのダウンロードに時間がかかる)
  •  再起動すると 完了です。

わーい動いたぞ!! Rasberrypi3でPython3の初プログラムが

投稿日: カテゴリー: RasberryPi

LED表示をする基板を作るのが面倒なので P20160904 Rasberrypi用LEDチェッカー基盤を使用することにした。この基板はコネクタの状態が全て表示されているので便利です。

写真は P20160904とRasberryPi3です。

**************************************************************************

参考にしている本にLEDをON/OFFするプログラムがあったので試しに動かして見た。

結果は0.5秒間隔で10回繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

——————-  試したプログラムです ——————–

# LEDを10回点滅する。
# 文字コード UTF-8

#GPIOとtimeを制御するモジュールを読み込む
import RPi.GPIO as GPIO
import time
#LEDの24番を指定
LED = 24
#BCMモードは LEDxxと番号で指定できる。
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
#LED24を初期状態がLOWの出力に設定する
GPIO.setup(LED, GPIO.OUT , initial=GPIO.LOW)
#10回繰り返す。
for i in range(10):
#点灯
GPIO.output(LED, 1)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)
#消灯
GPIO.output(LED, 0)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)

#GPIOを開放(使用をやめる)する。
GPIO.cleanup()

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー