静止画の2値化、差分

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

静止画の2値化、差分を試して見ました。左が元の画像、真ん中が2値化、右が下の画像にある二つの画像の差分です。

2値化とは画像を白と黒の2階調に変換する処理のことです。ある一定の暗さなら黒、ある一定の明るさなら白になります。今回は元の画像が黒白しかないため2値化出来てるか分かりにくいので色を変えてます。

差分は左下の画像から右下の画像を引いたものです。大きな黒点以外は一致するため消えてます。

次は静止画ではなくUSBカメラで撮ったもの(リアルタイムの画像)で出来るように挑戦します。

 

精華祭り

投稿日: カテゴリー: ブログむすこ色々なこと

昨日、精華祭りがありました。精華町商工会青年部では「ヤングメン」という焼きそば屋さんを出店し、僕も参加しました。

かなり肌寒いにも関わらず多くのお客様に並んで頂き盛況でした。朝6時ごろから準備を始め約12時間ほど動きっぱなしでとても疲れましたが楽しかったです。

co-box訪問

投稿日: カテゴリー: おやじブログ色々なこと
久し振りのCO-BOX訪問にて
今日は僕を含めて5人。迷惑かなあと思いながら雑談して帰りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コモンモードノイズを-20dbuV下げたいが何か良い考えはない?とaug21の田中さんに相談したら、GNDは基準だから暴れないのが良いと解答をもらう。
——-   帰りの電車内で考えたこと ————————–
  • そうか、GNDに変動がなければノルマルモードだと思った。
  • GNDの電流のノイズ(暴れ)がコモンモードノイズに大きく影響すると考えれば良いのだ。

コモンモードの内電線を伝わるノイズはGND電流の暴れを小さくすることで解決できる

なら 明日 早速実験してみよう。
トランジスタの出力コンデンサーの接続方法が本に書かれていた。発信側にリターンをつなぎ 最終のコンデンサーのリターンを別な線にして共通インピーダンスを作らない方法を思い出した これを実践すれば良いのだ!!

ボンダリングに初挑戦

投稿日: カテゴリー: おやじブログ色々なこと

ボンダリングのジムが近くにあることを知り、初挑戦。あちこちが筋肉痛です。

日頃のこたつ生活から今風のスポーツへの冒険です。

明日、はんだごて上手いこと使えるか少し心配です。

MAC版LTSpice

投稿日: カテゴリー: ブログ色々なこと

LCフィルターを設計するのに LTSpiceというシュミレーションソフトを使いました。

困ったことが 部品メーカーのspice用 モデルを使うときです。

設定の仕方がわからないながら 調べた結果です。

  • FBMJ3216_HS480NTV.cir をダウンロードする。
  • FBMJ3216_HS480NTV.mod に変更する。
  • MacintoshHD/Users/xxx/Library/ApplicationSupport/LTspice/lib/sub/xxx にコピーする。
  • MacintoshHD/Users/xxx/Library/ApplicationSupport/LTspice/lib/symにある ind.asy を複製
  • 名前を部品名に変更する。
  • ダブルクリックすると シンボルEditorが起動される
  • シンボルでで右クリック
  • view => attribute table
  • Prefixを xに Valueに部品名 ModelFileを部品名.modを入力する
  • OKする
  • ファイルをsaveする。

私はこの後LTspiceを再起動してます。

|Z|を求めて見るとメーカー資料とだいたい同じなので正しいと判断しました。

わーい動いたぞ!! Rasberrypi3でPython3の初プログラムが

投稿日: カテゴリー: RasberryPi

LED表示をする基板を作るのが面倒なので P20160904 Rasberrypi用LEDチェッカー基盤を使用することにした。この基板はコネクタの状態が全て表示されているので便利です。

写真は P20160904とRasberryPi3です。

**************************************************************************

参考にしている本にLEDをON/OFFするプログラムがあったので試しに動かして見た。

結果は0.5秒間隔で10回繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

——————-  試したプログラムです ——————–

# LEDを10回点滅する。
# 文字コード UTF-8

#GPIOとtimeを制御するモジュールを読み込む
import RPi.GPIO as GPIO
import time
#LEDの24番を指定
LED = 24
#BCMモードは LEDxxと番号で指定できる。
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
#LED24を初期状態がLOWの出力に設定する
GPIO.setup(LED, GPIO.OUT , initial=GPIO.LOW)
#10回繰り返す。
for i in range(10):
#点灯
GPIO.output(LED, 1)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)
#消灯
GPIO.output(LED, 0)
#0.5秒待つ
time.sleep(0.5)

#GPIOを開放(使用をやめる)する。
GPIO.cleanup()

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

展示会のお礼

投稿日: カテゴリー: 色々なこと

9月の京都スマートシティエキスポ2017と10月の中信ビジネスフェア2017の二つの展示会がお陰様で無事に終了することができました。

至らない点も多々ありましたが沢山の方々にお立ち寄りいただき感謝しています。

有難うございました。

展示会準備

投稿日: カテゴリー: 色々なこと

今年の展示会は 見るたり触ったりする機会の少ない電子部品をプリント基板に載せる体験を行います。手作りでは限界かな(?)と思うような 縦1ミリx横0、5ミリの抵抗やコンデンサ トランジスタ FET ICなどを一度 プリント基板に載せて観ませんか?