KeiganMotorをMatlabで動かす

投稿日: カテゴリー: MATLABおやじ

映像は 30度回転動作 するものです。

Matlabを使ってKeiganMotorをボタンを押す毎に30度回転するプログラムを作った。

単純なソフトですが これがKeiganMotorを制御する為の一歩目です。

制御には、labviewが有名ですが、今回の事でMatlabでも同じ事ができると実感しました。

 

超高級カメラ使用!!

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

より細かく小さいものの差分を撮りたいため超高級カメラを購入しました。

何と今まで使ってきたカメラの8倍!8倍です!!約1200円から約9700円!!

マイクロカメラのためかなり細かいところまで撮れます。

 

これは、同じプリント基板に小さなゴミを置いて その位置を見つけることを試したものです。左図では 紫色に 右図では白色にゴミが表示されているのがわかります。

画面切り替え

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

ボタン一つで画面切り替えが出来るようにしました。

変化点を白黒で強調したもの、カラー背景で変化点がどこにあるかわかるものの2パターンで切り替えます。

UI考え中

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

UI(ユーザーインタフェイス)を考え中。

 

普段、アプリとか使っているとここをこうして欲しいとかこうすると良いのにと思うことはあるけどいざ自分が使うと非常に難しいです。

MATLAB 出来ました!!

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

お問い合わせを何度かやり取り、無事出来ました!!

理想通りに動くようになりました。次は綺麗に整えて使い勝手を良くしないといけないですね。他にも色々機能を付けれるようにしなくては!!

Matlab問い合わせ中

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ色々なこと

カラー画像の上に重ねるという技術を問い合わせ無事、やり方を教えて貰いサンプルでは理想通りに出来たのですが自分のプログラムでは上手くいかず・・・画像のデータ数が大きいのが主な原因っぽいので色々試したがこれも上手くいかず、現在問い合わせ中。

MATLAB カラーな背景

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

サンプルを頂き色々試した結果、とりあえずそれっぽいものが出来ました。上の画像は普通の画像ファイル(左の画像)を読み込んで差分を作り(真ん中の画像)、それをを合成した結果(右の画像)です。

ここからwebカメラで撮った画像を読み込んで似たようなことをしないといけないのですがまだ少しかかりそうです。頑張らねば!

MATLAB うっすら色付き

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

差異部分に色が付きました。次は背景がカラーのままで差異の部分を合成目指します。とは言え自分で考えるのにも限界があるためサポートに電話、サンプルを送って貰えるのとのことなのでそれから挑戦です。

MATLAB うっすら透明

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

個別の半透明化は出来てないがなんか上手くいったので画像をぺたり。

(結果は右下の図で左の画像2つを合成したもの)

透明な部分に色が付けれたら言うことは無いのだが色々関数、サンプル調べて奮闘中。

MATLAB 半透明化

投稿日: カテゴリー: MATLABブログむすこ

先に勉強しているおやじに教えて貰いwebカメラでの撮影、表示、差分はm問題なく出来ました。

次は元画像と差分を半透明化し合成する事で変化があった箇所が分かりやすくしなくてはいけない。MATLABの透明化にかかわる関数は複数ある様でどれを使えば良いか四苦八苦中。