中信ビジネスフェア2019

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ未分類

こんにちわ、共創でモノづくりを支える 光電子設計の大谷光多です。

16日、17日 中信ビジネスフェアに参加しました。当社ブースにお越し頂いた皆様、有難うございました。
今回で3回目の参加となり少しでも動きがあるブースという事でIAI製の電動アクチュエータをLabviewで操作するっと言ったものをメインに展示させて頂きました。来年はペンギンが空を飛ぶ様な動きのものを作れたら良いなっと思案中です。

通り過ぎる人(特に女性)にウケが良かった動くペンギン

思ったとおりに動くのは気持ちいい

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

こんにちわ、共創でモノづくりを支える 光電子設計の大谷光多です。

 

数日、悩んでいたプログラムが一つ綺麗に動いたのを確認しました。

自分が思ったとおりに動くというのはとても気持ちのいい事ですね。

まだまだ改良する必要がありますが。

プログラム作成中

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

むすこです。

現在、仕事でプログラムの作成中です。

チェックサム計算、ASCⅡコードなど学生時代に触れた程度の勉強を改めて復習。おやじに相談したりしながら進行してますが分からないことを聞くと大抵答えが返ってくるのは経験値の差なんでしょうね。僕も精進せねば!

検査プログラム

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

Labviewで他にやっている事は?との質問を貰いました。

主に社内用電気検査のプログラムを作成しております。ただ画像で見せようとすると大きすぎるので一部抜粋でのせております。

このプログラムは指定した電圧を電流計に指示してその時の電流値を計測するものです。9Vから32Vまでの電圧が自動で変化しそれぞれの値をとる、また電流には閾値を設定しているので異常が出た場合、プログラムは止まる仕組みになってます。測定する際は画面上のボタン1つでプログラムははしるので難しい事考えなくてよくパートさんにも問題なく使っていただいております。

※但しまだバグも少なくなく勝手にプログラムも止まったりするので改良する必要はありますね(苦笑)

画像認識

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

「1つの」webカメラを使い最初に画像を保存しその後、再び画像を撮りその二つの違いを比較しようと作成中です。ただ実行を終えた段階で1回目の画像が2回目の画像に上書きされてしまうため悩み中。一度、「2つの」webカメラを用意しそれぞれ撮った画像で上手くいくか試すためにwebカメラを追加で注文。届いたら2台で挑戦してみます。

Labviewとは

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ色々なこと

そもそも僕が勉強しているLabviewとは何か

LabVIEW​は、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社が提供している「テスト、​計測、​および​制御​アプリケーション​向け​の​システム​開発​ソフトウェア​」です。C言語等と同じプログラム言語ですね。

上記の画像の様にプログラムが組み込まれたアイコン(以下、関数)をつなげる事で大きなプログラムを作る事ができ感覚的にプログラムを組む事が出来ます。

簡単な関数なら日本語で表記されています。複雑な関数となると説明文も英語となっておりしかも専門用語も多数含まれているため結構骨が折れます(汗)

完成すると一つの絵を書いているみたいで個人的にはかなり気に入ってるソフトウェアです。

 

画像引用元:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 HPより

静止画の2値化、差分

投稿日: カテゴリー: Labviewブログむすこ

静止画の2値化、差分を試して見ました。左が元の画像、真ん中が2値化、右が下の画像にある二つの画像の差分です。

2値化とは画像を白と黒の2階調に変換する処理のことです。ある一定の暗さなら黒、ある一定の明るさなら白になります。今回は元の画像が黒白しかないため2値化出来てるか分かりにくいので色を変えてます。

差分は左下の画像から右下の画像を引いたものです。大きな黒点以外は一致するため消えてます。

次は静止画ではなくUSBカメラで撮ったもの(リアルタイムの画像)で出来るように挑戦します。