RasberryPiおやじブログ

ADT7310で温度測定

測定風景

0.0625℃の分解能で測定される温度計(ADT7310)で 実験場所の温度を22時間程測定してみました。実際には、60秒で60回測定して平均したものを測定結果(60分x24時間で1440個)としています。

温度グラフ 測定結果

緑色が1日、青色が1分、橙色が1時間の測定結果を表示している。青色より1秒間隔の測定差が判り、橙色より1分単位の変化が、緑色より24分単位の変化が判ります。

起床時から少し増えたのは私が部屋に入ったから。メモリ20(8時頃)から太陽の光が部屋に入ったので。メモリ25の付近は曇ったため。メモリ35(14時頃)から下がり始めています。21℃から23.5℃で推移していることが分かりました。

一応の結果が得れたので、今度は気温、気圧と湿度の3つを測定できると面白いと考えています。