おやじブログ

ADC基板の検討

過去のブログ

今の14bitを18bitの性能に近づけたいので、手順の確認をすることに

(個人の方法です。もっと良い方法があるかも)

なぜ、ダメなのか

  •  => 4bit分の誤差は 10uVx16倍=160uV程度と推測
  •  => パターンの抵抗値を100mΩと仮定
  •  => 160uV/100mΩ = 1.6mA
  •  => AVDDの消費電流は0.85mA〜1.2mA   DVDDは2.6mW(2.6mWとDVDD3.3Vより0.8mA)
  •  => THS4531の出力電流は±25mAとある。
  •  => THS4531やOPA333からのノイズ
  • 等々

測定系の0Vにこれらの電流が流れ、その電流の影響で信号に重畳されると正確に測れない。

どうすればいいのか

  • 電源はDVDD,AVDD,REFの3つがADS8885に供給される
  • 3つの独立した電源を用意する。
  • 各電源とGND (DVDD-DGND,AVDD-AGND,REF-AGND)間に電源ピンから最短にコンデンサーを追加する。
  • そのコンデンサーの電極に独立した電源を配線する

つまり、各電源電流が流れる基板上の経路を必要最低限だけの回路にする

=> 3個の乾電池とレギュレータを用意して動かせば良い。

それで確認できたなら 同じ環境に近い回路を作れば良い